岩本輝雄 その後

岩本輝雄さんは、現在では芸能プロダクションと契約をして、タレントとしても活躍中です。
しかし、やはりサッカーを愛する気持ちや情熱は岩本輝雄の中に、まだ熱く残っているようです。
子供たちのサッカー教室等の活動も、岩本輝雄さんのそんな情熱が
動かしているのではないでしょうか。

岩本輝雄さんの選手生活は、怪我に泣いた選手生活ではありましたが、
2006年のFIFAクラブ選手権のピッチに立ったのは、
三浦和良選手以来2人目の日本人選手であること、
そして、岩本輝雄さんの左足から繰り出されるテクニックと攻撃力は、
サッカーファンは忘れられない事でしょう。

ベガルタ仙台に在籍中に見せた、約30mからのロングシュートはファンの方はもちろんですが、
岩本輝雄さんご本人も忘れなれない想い出になっているのではないでしょうか。

これからは、解説者としての岩本輝雄さんを見る機会が多くなるかと思いますが、
現役時代の岩本輝雄さんの左足を見て憧れてサッカーを始めた子供たちも多い事でしょう。
そんな子供達に夢を与えるような存在であって欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です